薬と腎の弱体化

薬と腎の弱体化

今年もツラい花粉症のシーズンがやってきましたね。

花粉症が起きると、抗アレルギー薬(内服薬)をついつい手軽に使用しがちです。

内服薬は役目を終えた後、肝臓で排出されやすい物質へと変えられ(代謝)、多くは腎臓に送られ、尿と一緒に体外へ排出されます。

 

ですから、薬の長期常用や種類の増加は、肝・腎に大きな負担となります。

 

東洋医学では、腎の弱体化が引き金となり、それが最終的には正常な免疫反応を変え、花粉症をはじめとする自己免疫疾患を引き起こすと考えられています(一つの要因であり、他にも色々あります!)。

 

肝・腎をいたわることや、全身の解毒なども鍼灸の得意分野です。

 

〒564-0053

吹田市江の木町15-9

江の木コーポラス103号室

 

山本鍼灸院  

お問合せ・ご予約 06-6338-6145

 

2018年

5/16(水)  スマイルラインの重要性

 

2015年

12/6(日) 冷たい物を口にすると、体調が悪くなるのはナゼ!?

 

11/26(木) 膝が痛くて、正座ができない

 

6/16(火) 既往歴が治療の羅針盤

 

4/20(月) 塩の力

 

4/3(金) 花粉症をその場で止める

 

4/2(木) 気圧の変化と頭痛について

 

4/1(水) 例年より少し早い

 

3/31(火) 肩こり・腰痛について

 

お問い合わせ・ご予約

06-6338-6145

吹田 鍼灸 山本鍼灸院  / お問い合わせ・ご予約 06-6338-6145

 

Copyright 2001 山本鍼灸院 All Rights Reserved.

御堂筋線江坂駅より徒歩5分

山本鍼灸院

 

大阪府吹田市

江の木町15-9

江の木コーポラス 103号

 

エキテンの口コミページを見る

山本鍼灸院(江坂・はり灸)

 

新設HP → エステルームAya

お問い合わせ・ご予約

診療時間

10:00~21:00(最終受付20時)

(年末年始および春・秋に臨時休日あり。

 決定次第、お知らせいたします)