既往歴が施術の羅針盤

既往歴が治療の羅針盤

こんにちは。

今日は初診の患者様の「 問診 」についてお話させていただきます。

 

当院では、患者様のお体の状態を探るために、お腹を触らせていただいたり、脈を診たりしています。

お腹であれば、私が指先に感じる硬さや、熱感、冷感を診ます。

さらに、患者様が感じる痛さや、圧迫感、違和感などを教えていただき、

脈をとって、その速さや不整脈がないかなどを確認して、施術方法を探っています。

ここで一番大事なのが、「 問診 」になります。

 

具体的には患者様本人の 「既往歴 」と、 「 家族歴 」です。

不快な症状を改善するのに、その場しのぎの施術方法にならないためにも、「 既往歴 」はなるべく幼少時から現在まで、細かく思い出していただき、私に教えていただきたいのです。

 

最近の例ですが、40代の男性で、両手の指が動かしにくく、文字が書きづらくなっている方が来られました。

お話を伺う限りでは、神経系に対する処置が有効かと判断し、また指の動きも少し改善傾向が見受けられたので、その処置をさせていただきました。

 

施術する側が欲張り過ぎると、かえってよくない事態を招くのも 「 鍼灸 」なのですが、それにしても、 「もう少し良くならないかな? 」と思い、あれこれと考えながら、耳の周囲を触らせていただくと、とても痛がる箇所がありました。

 

耳について何か病歴がないかを伺うと、「そういえば昔、中耳炎を患った記憶があります」と仰られたので、その治療をさせていただいたところ、手が温まり、次第に指が動きやすくなりました。

 

耳鼻科に行けば、何か見つかる可能性もあるので、その旨をお知らせし、

その日は施術を終えました。

 

私自身が患者の立場の時もそうですが、これまでの病歴を全て、その時に

思い出すことは、なかなか難しいものです。

 

この患者様は中耳炎のことなど、きっと忘れていたでしょう。

しかし、東洋医学での施術は、上記のようなことがあります。

あなたのからだに起きた全てのことをお話いただくことが、鍼灸施術を正しい方向へと導きます。

 

 

地下鉄御堂筋線 江坂駅 徒歩5分

吹田市江の木町15-9  江の木コーポラス103号

山本鍼灸院

お問い合わせ・ご予約 06-6338-6145

 

 

2018年

5/16(水)  スマイルラインの重要性

 

2016年

3/5  薬と腎の弱体化

 

2015年

12/6(月) 冷たい物を口にすると、体調が悪くなるのはナゼ!?

 

11/26(木) 膝が痛くて、正座ができない

 

4/20(月) 塩の力

 

4/3(金) 花粉症をその場で止める

 

4/2(木) 気圧の変化と頭痛について

 

4/1(水) 例年より少し早い

 

3/31(火) 肩こり・腰痛について

お問い合わせ・ご予約

06-6338-6145

吹田 鍼灸 山本鍼灸院  / お問い合わせ・ご予約 06-6338-6145

 

Copyright 2001 山本鍼灸院 All Rights Reserved.

御堂筋線江坂駅より徒歩5分

山本鍼灸院

 

大阪府吹田市

江の木町15-9

江の木コーポラス 103号

 

エキテンの口コミページを見る

山本鍼灸院(江坂・はり灸)

 

新設HP → エステルームAya

お問い合わせ・ご予約

診療時間

10:00~21:00(最終受付20時)

(年末年始および春・秋に臨時休日あり。

 決定次第、お知らせいたします)